ゆたぼん再生回数激減「あだ名禁止」校則は「完全に思考停止」と激怒!お前はもう飽きられている!

2022年6月4日「少年革命家」を自称する不登校YouTuberのゆたぼんが、あだ名や呼び捨てを禁止して「さん付け」するよう指導する小学校があるという報道にYouTubeで激怒しました。

過去には、めずらしいとそれなりに人気を獲得していたゆたぼん。

今回の動画は、もう飽きられてしまっていることを察知し、バズりを狙っての話題提起か?

本記事では、ゆたぼんはもう飽きられてしまっている根拠を数字とともに検証していきたいと思います。

目次

ゆたぼんプロフィール

本名中村 逞珂(なかむら ゆたか)
YouTube名義少年革命家ゆたぼん
生年月日2008年12月12日(13歳)
出身地大阪府
居住地沖縄県宜野湾市
職業YouTuber
活動期間2017年3月26日~
チャンネル登録者数約15万人

ゆたぼんが飽きられた理由4つ!

ゆたぼんが飽きられた原因を調査した結果、4つの理由が想定されます。

  1. 不登校ネタのネタ切れ
  2. 父親が企画しているだけの動画
  3. 説得力のなさ・無責任な発言
  4. 挑発的な発言

一つ一つ解説していきたいと思います。

1 不登校ネタのネタ切れ

不登校YouTuberのゆたぼんが世間から注目を浴びたきっかけは、はじめは不登校の小学生として地元の新聞に掲載された事でした。

記事を見る限り小学生YouTuber、不登校なんて許されるの?って普通に疑問に思いますよね

開始当初は、世間も物珍しさや好奇心からゆたぼんに注目が集まったのだと思います。

そこから知名度が上がり、自身のYouTubeの動画の再生回数も大幅にアップしました。

しかし現在ゆたぼんは現在中学生になり、中学校も不登校を自身の動画内で宣言しているのですが、さすがに4年も不登校ネタだけでは飽きられてしまったのでしょう。

実際にゆたぼんのYouTubeの動画再生数は以前に比べて減っているようです。

YouTuberはそんなに甘いものではありません。何より視聴者を引き付ける強力な企画力が必要でしょうから。

2 父親が企画しているだけの動画

ゆたぼんの父親はメディアにもよく出ているようですが、ゆたぼんはただ単に父親のシナリオどおり、父親からの指示でYouTubeをしているのではないかと、ネットでは噂になっていました。

ゆたぼんの父親は、ゆたぼんが学校にいきたくないなら無理に行かせる必要はない、子供の意見を尊重するという教育方針です。

この意見には賛否両論、様々な角度から意見がありました。

そこから、ゆたぼんのYouTubeの収益やクラウドファンディングの利益などをお父さんが使っているんではないか、YouTubeもお父さんの指示でしているのではという声がネット上であがってきたのです。

ゆたぼんは自身のYouTubeの動画で、カンペを見ている疑惑、トークの上手さ・YouTubeの企画そのものなど9歳の子供が考える事じゃないと感じた人たちから、父親が企画しているのでは?という意見が出たようです。

操り人形ではない事は、ゆたぼん本人が動画で否定していますが、とてもじゃないけど9歳(当時)の子どもが考える企画とは思えません。

しかし視聴者、その辺はわかったうえで物珍しさで観ていたのかもしれません。

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次