「那須川天心VS武尊 THE MATCH 2022」急遽フジテレビが降板した理由とは?

6月19日に開催される「THE MATCH 2022」の放送予定だったフジテレビが、5月31日に放送中止を決定しました。

キックボクシング界のビッグマッチと称し、那須川天心vs武尊戦をメインイベントに組んだ格闘技イベントだけにファンからはなぜ中止なのかという疑問の声があがっています。

目次

「THE MATCH2022(那須川天心-武尊戦)フジテレビが放送中止を発表

2022年6月19日に開催される格闘技イベント「THE MATCH」では、メインイベントにK-1王者武尊とRISE王者の那須川天心のビッグマッチが予定されており、地上波ではフジテレビでの放送が決まっていました。

しかし5月31日にフジテレビの公式Twitterで「『THE MATCH 2022』についてのお知らせ」というタイトルで上記のように、開催まで1か月を切っているにも関わらず放送中止を決定したのです。

このフジテレビの放送中止の決定に関してSNS上での反応は、

このようにTHE MATCH2022の試合を楽しみにしていたファンはもちろん、那須川天心vs武尊というビッグマッチを楽しみにしていたファンをがっかりさせています。

フジテレビは4月の定例会見で、今回のようなビッグマッチを地上波で放送することについて「(THE MATCH 2022を)放送することで地上波の媒体価値も上がる。ドラマやバラエティー以外も放送する価値がある。総合的に判断している」とコメントしていただけになぜ今になって突然放送中止となったのかが気になります。

フジテレビがTHE MATCH2022の放送中止した理由

可能性① 金銭的問題

フジテレビが「THE MATCH 2022」を放送できない理由の1つとして考えられるのは、金銭面で最終的に折り合いがつかなかった。

ということが考えられます。

しかし、一度は決まっていた話。

当然、フジテレビ側も枠をとっていたはずですし、何よりこのような金銭的な交渉事は最初にするものではないでしょうか?

榊原さんや運営側がいくらの放送権料を提示したのかは明らかにされていませんが、当日の会場の最前列のチケット代が300万円という高額なチケット代も存在するという噂を考慮すると、今になって榊原さんと運営側が放送権料をつり上げたという可能性も考えられます。

しかし、その後のニュースで榊原さんは、交渉については「経済的な面で折り合わなかったことはないです」とも強調しているため、この説は排除できる可能性が高いと思われます。

可能性② PPVを優先した

2つ目の可能性として考えられるのは、榊原さんと運営側がPPV配信での試合観戦を購入してもらうためにフジテレビを切ったということが考えられます。

本大会は、ABEMAがPPVで全試合を完全中継するということが既に決定しています。

フジテレビでは、メインの「那須川天心VS武尊」戦を生中継する予定でした。

つまり、多くの格闘技ファンはメインを観たいという気持ちが高いと思われますが、

運営側として、その一番おいしいところが地上波で無料で放送されると、PPVの売上が下がるということが予想されるため、榊原さんと運営側が意図的にフジテレビとの放送を断ち切ったということです。

しかし、榊原さんの報道インタビューを見る限りでは、「フジテレビさん、戻ってきてほしい」とも述べていますし、

何より、選手自身が地上波で放送されることを切に願っているので、運営側が今になって選手の想いよりも売り上げを優先するでしょうか

1 2 3

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次